太陽光発電って便利?疑問を解決してから導入

平日の昼に使わない電気はどうするか

今は共働きの家庭が多くなっています。子供は学校に行きます。となると家の中には誰もいません。太陽光発電は、太陽がさんさんと降り注いでいるときにどんどん発電してくれます。でもその時に使う電気といえば冷蔵庫の電気ぐらいしかなさそうです。以前は昼間に発電した電気は無駄になっていたことがありました。今は売電の仕組みがあり、使わない電気は電気会社に売却できます。それを別の家庭などで使います。蓄電をして夜に使える場合もあります。

コストと電気料金との関係

太陽光発電をするとき、ソーラーパネル、その他の設備が必要になります。パネルの大きさによって異なりますが、それなりの初期費用が必要とされています。一方、発電ができれば電気を電力会社から買う必要が無くなり、電気代はかからなくなります。夜に使う分など一部のみで済むので、かなりお得になりそうです。設置をするときは、コストと電気料金の節約料を考える必要がありそうです。自治体によっては、設置費用の補助をしてくれるところもあります。

マンションでの設置も進む

太陽光発電といえば、一戸建ての屋根に設置するイメージがあります。マンションだと、それぞれの部屋に屋根はありません。そのためにあまり関係ないと考える人もいました。最近のマンションには、屋上にパネルを設置して、大規模な発電をするケースがあります。マンション全体として管理をするところもあれば、パネルを分割して、それぞれの居室に連動させることもあります。屋上だけでなく壁などにも設置して運用するケースも出てきています。

太陽光発電の価格は設置方法で大幅に変わります。工事費だけではないので注意をしてから購入を検討しましょう。