フランチャイズで独立?どんなメリットがあるの?

ネームバリューで経営ができる

全く新たにビジネスをする、お店を持とうとするとき、その時点では全く信用がありません。一からお客さんを想像することになります。自分の提供するものが受け入れられれば繁盛することもありますが、そうでなければどんどん廃れることもあります。フランチャイズへの加盟をすれば、有名店の名前を利用してネームバリューでの経営が可能になります。既に信用があって知られている名前なので、他の店で利用している人などが来てくれる可能性があります。

経営のノウハウを教えてもらえる

会社で一社員として仕事をする場合と独立して仕事をする場合があります。会社の場合は一人が損を出しても周りがカバーしてくれます。独立すれば、その人の損はそのまま返ってきます。独立するのはリスクが伴う場合があります。フランチャイズの場合も一応独立して経営することが可能です。ただ、経営のノウハウを教えてもらえる場合があります。最初に教えてもらえることもあれば、定期的にアドバイザーが巡回をしてその時に合った方法を教えてくれることもあります。

仕入れ先などを考えなくてよい

販売業をするとき、製造業をするときには仕入れが必要になります。仕入れの選定は非常に難しく、安くてものを卸してくれるところを探す必要があります。仕入れとの関係で経営が決まることもあります。フランチャイズの場合、販売する商品が決まっていれば仕入れ先も決まります。ですから、自分で仕入れ先を考える必要はありません。地域ごとに決められた業者と契約をしたり、複数の中から選択したりします。安定した供給を期待することが出来ます。

代理店とは、ある会社が特定の事業の中で行う契約を他の者に委任し、受任した者がそれを執行する形態を言います。