引越しをする場合はできるだけ自分たちで片づけ行う

引っ越しで料金を安くするためには

引っ越しはその時に、できるだけ安くするためにはどのような工夫をしたらよいでしょうか。引っ越しの料金はおおよそどの会社もそれほど大きな違いはありませんが、運ぶコンテナやトラックの大きさによって料金が変わるのと、距離によって料金が変わるという二つの点がポイントになります。引っ越し先が決まっている場合であれば距離については変えることができませんので、運ぶコンテナやトラックの大きさをできるだけ小さく済ませることが大事です。

自分たちで可能な限り片づけをする

引越しの荷物を減らすのは、それほど難しくありません。荷物を減らす工夫は、必要のないものを捨てていくことになります。明らかに使うものと使わないもの、そして使うかどうか分からない物に分けていく必要があるでしょう。確実に使うものをそのまま置いといて、使わないものと使うかどうかわからない物は別の場所に置いておきます。確実に使わないものについては捨てるようにして、使うかどうかわからないものは、過去1年以上使ってないのであれば捨ててしまっても構わないでしょう。

自分たちで運べるものを運んでおく

引っ越しのトラックの荷物を減らすためのもう一つの工夫は、自分たちで運べるものは運んでおくことです。引っ越し先の距離はそれほどない場合であれば自家用車で運べるものは運んでおきましょう。自家用車に入りきらないものや、そもそも自家用車がない場合は、トラックをレンタカーで借りて荷物を積み込むこともできます。1日借りた場合のレンタカー料金は1万円程度かかるかもしれませんが、引っ越しのトラックはワンサイズ上がると2万円はかかりますので、レンタカーを借りた場合の方がお得ですね。

不用品の回収は、物によってはお金がかかったりして面倒です。お金がかからず捨てられる方法があったら知りたいです。